朝の洗顔で知っておくべきこと

ほとんどの人が早朝の洗顔を日課にしていると思いますが、早朝は「洗顔料金を使って洗う」派と「水やお湯のみで洗う」派に分かれるみたいです。では、早朝の肌にとって良いのはどちらの洗顔法なのでしょう。早朝の規則正しい洗顔技術について注記する。

早朝の顔つきは汚れている?

目下、早朝は洗顔料金を使わず水やぬるま湯のみで洗顔する人物が増えています。「真夜中は寝ているだけなので、早朝の肌は汚れていないから」という見方で洗顔料金を使用しないという人が多いみたいですが、意外と早朝の肌は汚れていないのでしょうか?

輩は、寝ているあいだにコップ1杯分程の汗をかくと言われています。その汗と皮脂が混ざり合うと、皮脂膜となって肌を覆います。皮脂膜は肌を続けるバリヤ使い道を果たしている結果、取りすぎてしまうのは肌のためになりませんが、古くなった皮脂変色を残しておくこともまた、肌にとってはよくありません。

皮脂は、トリグリセライド(約60%)、ワックスエステル(約25%)、スクアレン(約12%)などの成分で構成されています。

こういううちトリグリセライドの端っこは皮膚偽りに存在する常在菌の働きで分解され、ワックスエステルの端っこと共に、皮膚にさまざまなダメージを与える「変性皮脂」に変化します。

変性皮脂による肌への誘惑としては、肌のバリヤ使い道や保水力が低下する、毛穴が解く、キメが壊れる…などが挙げられます。

晩、寝ている間も皮脂は分泌、分解され、変性皮脂の生成は保ているので、早朝の肌には変性皮脂が少なからずあると考えられます。

洗顔料金は使用決める?

皮脂はその字のコース、油です。油性のメイクが水やぬるま湯だけでは落ちにくいことからもわかるように、変性皮脂も水やぬるま湯のみの洗顔では落としきれないのです。

鼻やこめかみ、あごなどは殊更皮脂の分泌が盛んな部分でもあるので、早朝でも洗顔料金を使って洗顔をしたほうが良いでしょう。しかし頬や目のあたりなど、それほど皮脂の分泌が安い部分は同じように洗顔料金で洗ってしまうと、乾燥がひどくなってしまう場合があります。

乾燥肌タイプの人物や皮脂の分泌が短い人物は、洗顔料金が無用場合もあります。脂性肌タイプの場合は、全体的に思う存分洗顔料金を使って皮脂を落とした方が良いでしょう。

自分の肌タイプを見極めて、それぞれに当てはまる洗顔技術を選択することが大切です。ラメラエッセンスcの効果を検証