看護師|転職成功に向けて!les parcs de l agdal

看護師求人おすすめはどこ?

 

近年、看護師さんたちの離職・転職をする人たちが増えてきています。その原因はいろいろありますが、特に過酷な労働ということがあげられます。で給与が少ない、残業が多い、精神的な負担・責任、人間関係・上司との関係がうまく築けない、家から職場までの距離が遠い、子育てと両立することが難しい・・・

 

 

 

現在働いている職場では、自分が希望することができないことで仕事が続かないのです。

 

 

転職をするには一般的に、広告や転職雑誌、またはハローワークなどで探すことが多いのですが、なかなか自分が働きたいような職場を見つけることが難しいのです。そういったときにお勧めするのが、インターネットでサイドを持つ看護師求人から職場を探すことです。現在では、看護師の求人もインターネットから探す時代になってきています。

 

例えば、あの転職のプロと言われているリクルートグループからナースフルが看護師求人紹介会社として有名です。なんといってもリクルートグループは年間100万人もの人たちの転職の手助けをしていますからね。アルバイトのバイトルでも知られている株式会社ディップからナースではたらこや、進研ゼミなどでテレビCMでおなじみのベネッセグループからベネッセスタイルケアなども、おすすめできる看護師求人紹介会社です。

 

ジョブデポもおすすめですね。ジョブデポから転職が成功することで、なんと最大40万円という業界最高のお祝い金がもらえちゃうんです。(誰もが40万円もらえるわけではないですが・・・)しかも他の看護師求人紹介サイトで見つけた職場をジョブデポで紹介してもらうことができます。

 

こちらの看護師求人サイトもおすすめです

ナースパワー
ナースジョブ

 

気構えで採用者に負けてはいけません
採用者は、会社の財産となる人材を探したいのですから、応募書類の中から、何か目に留まるような人を探そうとします。応募する側は、そういったことを自覚していないのでは、落ちる可能性が高くなってしまうのです。せめて採用者側は、どういう気持ちで自分の書いた応募書類を読んでいるのかを、想像力を働かせて想い描いてみましょう。そうすれば書類をどういう風に書いていけばいいのかが、わかってくると思います。

 

そしてこれだけは絶対にやってはいけません。それは書類に嘘を書くことです。しかし、応募書類だからといってすべての事を包み隠さずに書かなければならない、と言うわけでもありません。もちろん事実を愛のままに描いていくのが前提ですが、事実なら何を書いてもいいのかというとそれも考えものです。例えばですが、何もしていない状況中であることをあえて述べる必要はありませんし、逆に過去に警察に補導されたことなどを書く事は必要ありませんからね。

 

これらの例は少し大げさかもしれませんが、就職に関して自分の不利益になる事実を自ら述べる必要は無い・・。と言う事を頭の中に入れて、応募書類に記載していきましょう。

字がキレイというだけでは通らない

文字も丁寧に書いて、誤字脱字にもしっかりをチェックして、もう大丈夫だという思い込みだけでは間違いです。採用者から見たら、あなたが書いた書類は欠点だらけということがよくわかるからです。どこがダメな書類なのかというと、全体的に空欄の目立つ白っぽい書類は評価が低いことを頭に入れておきましょう。空欄の多い書類は、あなたの存在感や意欲を感じさせることを伝えることができないのです。できるだけ空欄を埋めることを心がけて、しっかりと自分の思いを伝えるように書いていきましょう。

 

応募書類は、あなたの歴史

履歴書は、あなたはこれまで生きてきた人生の歴史が映し出されています。職務経歴書には、あなたは今までどんな仕事をしてきたのかという、職業人としての歴史が描かれているのです。履歴書には、あなたの現在のデータである《人生》が記載されています。また、職務経歴書では、データ以外のあなたの要素を強くアピールすることができます。肩書きや資格にはならないけれども、職務を遂行するうえで役立つ能力がある、ということを強調することができるのです。もちろん事実に反する事は記載してはいけませんが、応募先の事業内容や業種に合わせて、多少誇張することはゆされます。職務経歴書の持つこの利点を大いに活用して、履歴書で書き切れない部分をカバーしていきましょう!

人には、人数分のモチベーションというもうがあります。私にも長い看護師の経験の中から引き出した、自分なりのモチベーションがあります。それはやはり看護師のモチベーションの源は「患者さんとの関わり」これであると思います。ある人によれば、そのような考えはもう時代遅れだよ〜と言われることもあります。確かに時代は変わってきたかもしれません。でも看護師は、患者さんとの関わりから生み出されるやりがいを求めていると確信しています!
そうでなければこの非常な医療現場に8割以上の若者が辞めずにとどまっているという事実を説明できないと思います。看護師という仕事は、正直いって一般的なOLなどの事務作業と比べると、話にならないぐらい過酷な仕事ですからね。

 

以前、中堅の看護師さんが言っていました。「私たち看護師って、1年に1回か2回ぐらい患者さんとの関わりからやりがいを感じることができたら、1年から2年分働くことができるのですよね。」この言葉を聞いたとき、まさに的を射たと感じました。わたしはそういう特徴を持った働き手、それが看護師ではないかと思っているのです。そしてもう一つ忘れられない中間の言葉がありました。「私、このチームの仲間と働けるのがあったら給料なんていらない、と思ったことさえありました。オーバーな言葉でもないですよ。」と。私はこの言葉を聞いたとき涙が出てしまいました。

  • 相手の都合を考慮する

例えば上司の都合を確認したうえで、「〇〇の件でご報告したいことがありますが、お時間よろしいでしょうか?」と、報告したい件名をはっきりさせて手短に報告をします。

 

  • 結論を先に報告をする

つい先に、言い訳を言い出してしまいがちですが、言い訳は最後に回して結果を先に報告しましょう。なぜなら、上司が知りたいのは結果だからです。

 

  • 事実を正確に話す

正直に言わないと上司は判断に困ります。自分の意見と判断は、事実とは分けて伝えることが大事です。

 

  • まずい事は早く報告する

まずいことがあったら、出来る限り早く報告をすることです。それによって上司もそのための判断がしやすくなります。逆に良い事は後回しでもいいです。

 

  • 中間報告を怠らない

タイミングが良い所が来たら、中間報告を.しましょう。特に長引くようなことの場合は、中間報告をして上司に安心してもらうようにしましょう。

 

  • 問われることを前提にホウレンソに臨む

何年か経験を積んでくれば、同社が良いのか上司から問いかけられることもあります。問われたら、しっかりと答えれるようにしましょう。

 

  • 曖昧な言葉は使わない

出来る事は出来る、できないことができないとはっきり言うことが大切です。上司に間違った期待を持たせないようにしましょう。

 

  • 連絡後の確認が必要

伝言が本に伝わったかどうかは、絶対の保証はありません。しっかりと本人に確実に伝わったかを確認しておきましょう。Faxやメールを送ったとしても、相手に届いてない場合があるかもしれません。届いているはずだ!と決め付けるのではなく、本人に伝わったかを確認することが大切です。

 

  • 要点を整理して臨む

報告・連絡にあたっては要点を要領よく伝えましょう。いくつか複数の事柄を報告しようという時は、優先順位を決めて報告をしましょう。場合によってはポイントを整理したメモを用意して臨むというほうが良いです。

どんな仕事でもそうですが、仕事を始めた新人の頃は、覚えることがいっぱいで仕事を慣れるまでは一生懸命頑張るしかありません。当然研修期間もありますし、様々な課題も与えられます。看護師も同様で、新人看護師は毎日がとても大変です。目安としては新人看護師と呼ばれるのは2年までと言われています。そして看護師3年目ともなれば新人看護師から、中堅看護師に向かい始めます。

 

新人看護師が与えられる2年間の課題

新人ナースには、プリセプターといわれる指導係がつきます。このプリセプターを任せられるのは、だいたい中堅看護師たちです。つまり看護師を始めてから3年以上経った看護師たちです。このプリセクターが新人看護師たちに課題を与えています。例えば、病気についてなんでも答えれるように勉強しておきなさい。そしてそれらをレポート形式で書いておくこと。課題を終えると、また次に新しい課題を与えられます。時には、プリセプターよりさらに先輩たちからも、難しい課題が与えられる事さえあります。この課題は2年間は続けられるので、新人看護師の2年間はプライベートの時間さえ削らなくてはならないのです。新人看護師たちは本当に大変です。ですがそれを乗り越えて成長していくのも看護師にとってとても必要なことなのです。

看護師になった理由をRさんに教えて頂きました。

 

Rさんの場合、小学生の頃は美容師を目指していました。憧れのモデルを見て、このような髪型を作ってみたいという願望が強かったのです。ですが中学生に入ってからは、勉強が好きになってしまい、美容師なる夢は忘れ去っていきました。中学3年生の頃には理系に進めたいという考えがでてきていたのです。でもその時には、美容師になりたいというような夢ではなく、理系は文系よりも就職するのが有利だという、その理由だけでした。それでも何か手に職をつけておきたいという願望もあったのです。

 

そのような気持ちのまま高校3年生になり、その時の担任の先生と進路相談する日がやってきました。その時話していた内容の中に、1番自分が合っている職業は看護師だなぁと、突然思いついたのです。でも1番の理由は、大学受験を目指す人の大変さを見て、あんなに勉強をしたくない、という気持ちがあったのもありました。

 

どうして看護師になったと言う理由を、人に打ち明けると、みんな拍子抜けするのです。もっと覚悟を決めて看護師になったんだとみんな思っていたみたいです。でも現実は、みんなそんなもんだと思います。もちろん現在は看護師として一人前になるように努力をする毎日です。

今から約3年前、2011年の3月11日といえば、あの東日本大震災が起こった日です。私はその時、病院で働いていました。ちょうど休憩中で、友人とたわいもない話をしていた時でした。あれっ!なんか揺れてない!?と私は思い、友人に話したそのとき一気に揺れが強くなりました。幸い私の地域では、震度3でしたので「地震おさまってくれてよかったー」と思いました。

 

ですが、テレビを見てみるとすぐに震源地は東北地方だということがわかりました。そしてそれからは津波の情報でした。そのときは仕事のこともありましたが、テレビに釘付けになってましたね。それからは言うまでもなく。。。日本にとっては、とても大きな悲しみでした。

 

そしてそれから大きな問題起こりました。放射能の汚染です。もちろん食べ物でも放射性セシウムに汚染されてしまった肉がテレビで放送されていたのを思い出します。現在でも放射能問題は思っていないと思います。実は私も、毎日食べるものは放射能検査を受けた食べ物口の中に入れています。特に野菜なんかは健康のために取り入れているので、宅配食材でお願いしているです。子供のためにも毎日食べるものに対しては、できるだけ、出来る限りは安心安全なものを与えてあげるようにしてください。

続きを読む≫ 2014/01/15 22:21:15 食品情報

この記事では落ち込んだときにどうしたらよいのか、モチベーションを上げるためにはどうすればよいのか、そういった時のヒントをご紹介したいと思います。

 

看護師だって普通の人間です。元気な時もあれば落ち込むことだってあります。例えば、オリンピックでメダルを取る人でも落ち込むことが何度もあるそうです。この前テレビでやっていましたが、フィギュアスケートの高橋大輔さんや浅田真央さんなんかもそのような話をしていました。

 

「人間は誰だってアップダウンはあります。自分の気持ちが落ちている時、私はこのように考えます。どうして今自分は、落ち込んでいるのか?以前にもこういったブランクがあった。こういった時に私はどうやって抜け出すことができたのだろうか?」こういう事を自分自身がわかっていると、ダウンした時にもアップする方向へ向かうことができるのです。

 

仕事のことに切羽詰まっているなら、他の事考えてもいいでしょう。自分の好きな恋人や愛する夫や子供、自分の大好きな趣味などを考えてもいいでしょう。人間は落ちるとこまで落ちたとしても、取り戻す力を持っているんです。自分が落ち込んでしまったときに、どうやって自分は抜け出すことができたのか?を理解し、自分自身を調整できる人間になることが大切です。

どんな職業でもそうですが、例えば上司に報告するべき事を報告せず、連絡するべき事を連絡せず、相談しなければならないことを相談せず・・・この3つ『報告・連絡・相談=ホウレンソウ』をしっかり行っていないことは、仕事がうまくいかなくなる大きな原因となるでしょう。自分1人だけで解決できると思い、仕事をこなしたと思っても、後から問題が出てきてしまっては大変なことになってしまうかもしれません。そのためにとても大事なのが『ホウレンソウ』なんです。

 

特に看護師の仕事は、ホウレンソウをしっかりと行っていかなければならない職業です。自分が失敗してしまったことを、誰にも言わず自分だけで解決する。そういった看護師もいますが、失敗してしまった時は正直に上司に話しましょう。その場では上司に怒られると思いますが、『失敗してしまい申し訳ございませんでした。』と誠意を持って謝れば、上司も頭ごなしには怒り続けないと思います。

 

看護師の職場は1人で働いているのではありません。何人もの何十人もの医師や看護師たちが集まって働いています。みんなで協力し合って良い環境で仕事をしていくためには、しっかりとホウレンソウを行い、患者さんたちに迷惑をかけないようにすることが大切です。

日本人は昔からお米を食べてきましたが、現在の日本は小麦粉を原材料としたパンやパスタなどが大変人気があります。ですがパンやパスタでは消化を吸収する力が早いため、すぐにお腹が空いてしまいます。そのため間食が増えてしまい、体が太りやすくなってしまうのです。

 

日本人の体に合う食べ物は、お米です。お米を食べると太りやすい。。。と思っている人が多く、お米を少なめにしておかずをたくさん食べるダイエットをしている人を見かけますが、これも間食に手を出してしまう結果になる原因です。お米は消化を吸収する時間が緩やかなため、腹持ちが良いです。そのため間食にも手を出しにくくなります。さらにお米は炊きとくにはお水をたっぷり使うものなので、食べる量の割には意外とエネルギーが低いのです。よってダイエットに最適な食べ物といえるのです。

 

それにお米は消化する時間がゆっくりのため、インシュリンの消費する時間も緩やかになります。よって糖尿病予防にもつながるのです。もう一度日本人の食べ物の原点『お米』に注目することが大切な時かもしれません。

続きを読む≫ 2014/01/02 22:20:02 食品情報